こんにちは!
みなさんは365日、毎日記念日があるということを知っていますか?
国民の休日はもちろんですが、例えば「10月31日はハロウィン」、「2月22日は猫の日」のように、毎日何かの記念日になっているそうなんです。

この前調べていると、4月10日は「インテリアを考える日」。

2009年に日本インテリアファブリック協会によって制定。4月は入学・入社・新学期など「新生活スタートの月」ということから。10日は、数字の「十」と、住むという字の「住」が同音であることからきたそうです。

少し過ぎてしまいましたが、「インテリアを考える日」にちなんで、流行のインテリアスタイルとリフォーム事例、自分らしさを出せるアイテムをご紹介します。

 

手作り感を加えて、自分らしいインテリア空間をつくろう!


 
最近では、ご両親の古い家や中古マンションをリフォームして住みはじめる方が増えています。

好みの空間に一から手作りするのは大変ですが、少しの手作りで自分らしい住まいにアレンジできれば素敵ですよね。
 
 

トラディショナルスタイルのダイニングキッチン


 
ネイビーとオークを組み合わせた扉を用いた、シックなカジュアル空間の一例です。

インテリアドアとキッチン収納の扉を同系色でまとめれば、ホテルやコテージのような印象に!

年月が経ったような刷毛塗りの風合いのある建材を取り入れることで、カジュアルにもビンテージ風にも楽しめて、手作り感のあるおしゃれな空間が生まれます。
 
 

リフォームで和室を洋室に


 
人気のリフォーム事例の一つに、和室を洋室にするリフォームがあります。

古民家を生かし、昔ながらの趣を残しながら、和モダンな空間に仕上げた技ありリフォームです。

欄間(らんま)や木枠のガラス窓はそのままに、畳をフローリングに替え、間仕切りの襖も引き戸に変更。引き戸はウォールナット柄を選ぶことで、和の雰囲気にも馴染み、モダンなエッセンスも加わります。

雰囲気のある空間が完成すると、家具や照明器具にもこだわりたくなりそうですね。

家具もアンティーク調のものを取り入れたり…! あなただけのこだわり空間を演出を楽しめそうです。
 
 

自分らしく!「塗る、選ぶ、飾る。」部屋づくりを楽しむドア

市販の塗料で好きな色に塗装できるドア「クラフトレーベル」。

既製品にはない色に仕上げたり、模様替え気分で違う色を塗り重ねたり。部屋の雰囲気がガラリと変わる楽しさに出会えます。


 

「DIYは初めて…」という方でも気軽にセルフペイントができるドアもご用意しています。
既製品にはない自分だけのドアを楽しみませんか?

個室ごとにドアの色を変えて、個性的な住空間を作るのも楽しいですね。
子供さんと一緒に塗ると素敵な思い出になりそう!
 

ドアにもうひと工夫したい!という方には、アクセントに使えるアンティーク風のプレートがおすすめです。もっと自分らしくしちゃいましょう!

 
 

最近、新築でもクラフトレーベルのドアを採用されるお客様が増えてきました。アクセントとしてリビングの入り口のドアに使われる方も◎

お家によって雰囲気が違うので、それぞれ選ばれたお客様の「らしさ」が反映されているなぁ~と思います。

木目の風合いがキレイなのはもちろん、好きな色、取っ手などを自分好みに選べるところがいちばんの魅力ですね!

DIYは少しハードルが高い…という方も、クラフトレーベルのドアなら、簡単に自分好みのデザインがつくれちゃうかもしれませんよ!
 

▼ 自分らしいインテリアにできる「クラフトレーベルのドア」が気になるという方は、丸良木材まで!

 

▼ 「クラフトレーベル」のドアをもっと詳しく知りたい方はこちらから。詳しい色柄などもご覧いただけます。
パナソニック ベリティス クラフトレーベル